ʥӥ

 

当サイト『グレ釣りism(メジナ釣りイズム)』は、グレ釣り専門情報サイトです。

グレ(メジナ)の生態と習性グレ釣り・メジナ釣りの基本道具装備についてから、
仕掛けやエサについてグレ釣りのテクニックや、グレ釣りポイントと攻略法
さらには、グレ(メジナ)釣りに関するQ&Aグレ・メジナ釣り用語解説まで

グレ釣り・メジナ釣りに関する様々なお役立ち情報を公開します。

グレ釣りのことなら『グレ釣りism(メジナ釣りイズム)』にお任せ下さい!

さぁ、グレ釣り・メジナ釣りを、一緒に楽しみましょう!

 

グレ・メジナの生態口太と尾長グレ・メジナの釣り方グレ・メジナ釣りの魅力から
グレ・メジナ釣りで使われる主な仕掛けグレ・メジナの生息ポイント
グレ釣り・メジナ釣りの楽しみ方    など

グレ釣り・メジナ釣りに必要な豆知識を解説します。

※ 当ページの最下部に詳しい説明がございますので、参考にして下さい。

 

 

  • グレ釣りブログ~グレ釣り名人が本気で教えるで!
  • グレ釣りブログ~グレ釣り名人が本気で教えるで!

>> 詳しくはコチラ

  • グレ釣り名人、藤原義雄のグレ・メジナ釣り必釣テクニック
  • グレ釣り名人、藤原義雄のグレ・メジナ釣り必釣テクニック

>> 詳しくはコチラ

 

  • 海上釣掘ism
  • 海上釣掘ism

  • グレ・メジナ釣りism
  • グレ・メジナ釣りism

  • チヌ・黒鯛釣りism
  • チヌ・黒鯛釣りism

  • シーバス釣りism
  • シーバス釣りism

  • エギング(アオリイカ釣り)ism
  • エギング(アオリイカ釣り)ism

  • 太刀魚(タチウオ)釣りism
  • 太刀魚(タチウオ)釣りism

  • ハネ・フッコ釣りism
  • ハネ・フッコ釣りism

  • メバリング(メバル釣り)ism
  • メバリング(メバル釣り)ism

  • キス釣りism
  • キス釣りism

  • 鮎釣りism
  • 鮎釣りism

  • へら鮒(ヘラブナ)釣りism
  • へら鮒(ヘラブナ)ism

  • ブラックバス釣りism
  • ブラックバス釣りism

戻るボタン 進むボタン

海上釣掘豆知識

グレ・メジナの生態など

グレ・メジナはスズキ目メジナ科メジナ属の海水魚です。

関東は「メジナ」、関西、四国で「グレ」と呼びます。

北海道南部から台湾、東シナ海に分布する暖海性の魚で、
南日本に多く棲息しますが、沖縄ではほとんど見ることができません。

世界的に見るとメジナ科の魚は多くありません。

日本近海に棲息している本種のほか、クロメジナ、オキメジナは、
いずれも暖海性が強いため、北日本で見られることはほとんどありません。

体形はクロダイなどと似ており、
楕円形で左右に平たく、体高がやや高いのが特徴です。

全体に青黒く、腹側がやや銀白色っぽい体色をしています。

やや粗いウロコの中心には小さな黒点があります。

頭部は前方に向かって丸みを帯びており、
クロダイに比べると口先は突き出ていません。

成魚は体長50cm前後になりますが、成長スピードは遅く、
1年で10cm、3年で20cm程度です。

30cmまで成長するには、さらに7年ほど要すると考えられています。

本種とクロメジナは非常に似ていますが、
本種のほうが全体にずんぐりとしていて、
尾ビレのつけ根の幅が広くなっています。

クロメジナはウロコが若干小さく、その中心には黒点がありません。

また、鰓蓋(えらぶた)の縁が黒いことや、尾ビレが全体に長く、
先端が細くなっていることから見分けることができます。

オキメジナは体長30cm程度までは体側に白い横帯があり、
大型になると鰓蓋の前面をウロコが覆っていることで、
ほかの2種と区別されています。

グレ・メジナは沿岸部の岩礁帯の底層に棲む昼行性の魚です。

そのため、夜は岩礁の割れ目や岩の下でじっとしていますが、
昼間はエサを求めて海中を泳ぎ回ります。

非常に臆病で警戒心が強く、縄張り意識が高い性格を持ちます。

特に大型になると岩礁帯に身を潜めていることが多くなります。

そのため、グレを釣るときには、寄せエサを適度に潮に効かせて、
狙いのポイントにおびき寄せることが必要になります。

雑食性なので、あらゆるものを捕食しますが、体の割に口は小さく、
上下の顎には櫛状の細かい歯があります。

季節によって食性が大きく変わり、
夏は主に小魚や甲殻類など動物性のエサを捕食し、
冬は岩礁に繁茂するハバノリやアオサ、アオノリなどの海藻類を食べます。

産卵期は2月から6月にかけてです。

稚魚の頃は、流れ藻に着いて表層を浮遊します。

体長20cmくらいまでは、潮だまりや防波堤のきわなどで、

群れを作って泳いでいます。

そして、3年目頃からは単独行動をとるようになります。

グレ・メジナの釣り方

グレ・メジナは、磯釣りのターゲットとしてクロダイと並ぶ人気魚で、
ウキフカセ釣りで狙うのが一般的です。

釣り場の違いや、日々刻々と変化する潮の状況に対応するため、
グレ釣りで使用する仕掛けは実に多彩です。

堤防や小磯であればノベ竿を使ったシンプルな「ウキ釣り」でも手軽に楽しめます。

適度に潮の利いたエリアがポイントになります。

アミコマセを海水で薄め、その上澄みを少しずつ撒きながらグレを寄せます。

ウキ下は1~1.2m程度から始め、反応がない場合は徐々に深くしていきます。

ウキがジワジワと沈んだら、竿を立ててアワセを入れましょう。

グレ釣りの定番は、円錐ウキを使用した「ウキフカセ釣り」で、
基本仕掛けのほかにも数多くのバリエーションがあります。

そのいくつかを紹介しましょう。

強い風の向きと潮流が異なると、付けエサとコマセがうまく同調しにくくなります。

そこで、下潮をうまくとらえるために考案されたのが「水中ウキ仕掛け」です。

これを使うことによって仕掛けが潮になじみやすくなります。

また、グレが低活性のときは、ウキに出るアタリもごくわずかになります。

そこで、ほんの小さなアタリでも明確にキャッチできるようにしたのが
2段階ウキ仕掛け」です。

グレの活性が低いときのほか、表層付近まで浮いているときにも大変有効です。

さらに、ウキ止めやガン玉を使わないのが特徴の「全遊動仕掛け」は、
探れるタナが自在で、付けエサが自然な状態で沈下するので、
グレが付けエサを口にしたときの抵抗が小さくなる効果があります。

このほか、沖磯や離島など遠征での大物釣りに適した強力な仕掛けなどもあります。

状況に合わせて適宜使い分けてみるといいでしょう。

グレ・メジナ釣りで使われる主な仕掛け

1.ウキ釣り仕掛け

堤防で小グレを狙うときはウキ釣り仕掛けがオススメです。

これを使うと最高の釣りを楽しむことができます。

まず、用意するのは長さ4.2~5.3mの渓流竿です。

ウキは、河川で使われるオイカワ用の発泡ウキが感度の点で優れていますが、
特にこだわらずに普通の玉ウキやシモリウキでも構いません。

ハリは、袖バリかヘラ用のスレバリを使用します。

魚を外すのが簡単なスレバリのほうが使いやすいでしょう。

付けエサは、小粒のオキアミやアミエビを使います。

2.ウキフカセ仕掛け

タックルは、磯竿と小型のスピニングリールの組み合わせです。

竿は1~1.5号の長さ5.3mが目安となります。

アウトガイドが標準ですが、インターライン仕様の方が
ライントラブルが少ないので人気があります。

リールはレバードラグ式のほか、普通のフロントドラグ・タイプを愛用する
ベテランも多くいます。

仕掛けは、円錐ウキを単体で使用するのが基本です。

タナが浅いときはウキに固定用のテーパーヨウジを差して、
ウキを固定すると使いやすくなります。

3.水中ウキ仕掛け

水中ウキは、円錐ウキと同じ番手のマイナス浮力のものを使います。

たとえば、円錐ウキが「2B」なら、水中ウキは「マイナス2B」を選びます。

また、水中ウキは表面積が大きい方が潮受けがよくなって
アンカー効果を期待できます。

水中ウキが風や上潮の影響を受ける浅ダナにあると、
あまり意味がなくなるので要注意です。

4.2段ウキ仕掛け

円錐ウキ(もしくは専用の飛ばしウキ)と、感度のよい小型のアタリウキを併用します。

アタリウキは軽量のカヤ製などが人気があります。

道糸にセットするのが基本ですが、状況によってはハリスに装着することもあります

ハリからアタリウキまでがウキ下になるので、探れるタナはその範囲内となります。

5.全遊動仕掛け

魚がエサを口にしたときに違和感を与えにくい仕掛けで、
食い渋りのグレに効果的です。

この仕掛けにはウキ留めがないのが特徴ですが、
ウキに対して道糸は角度を保っているので、
ラインが海中に引かれるとウキはしっかり沈んでいきます。

わずかな負荷でも仕掛けが沈下するように、
ウキは全遊動用のゼロ号負荷のものを使いましょう。

道糸とハリスは直結し、ハリスの上にはストッパーを装着します。

このストッパーのウエイトで仕掛けの沈下速度が調整できます。

6.離島仕掛け

沖磯や離島などで大型や尾長メジナなどを狙うときに使用する強力な仕掛けです。

ハリスは3~5号クラスを使用するため、それに適合した竿と道糸を用意しましょう。

強いウネリや風波の中で釣ることが多くなるので、
ある程度大型で浮力のあるタイプのウキが有効です。

潮の速い釣り場では、水中ウキもセットした方がいいでしょう。

ハリスは、釣り場によっては5号以上を使う人もいます。

グレ・メジナ釣りの魅力

磯釣りといえば「グレのウキフカセ釣り」に集約されるといってもいいでしょう。

磯釣りには、イシダイや青物など様々な魚種を主体にした釣り方はあります。

そのなかでもグレのウキフカセ釣りは圧倒的な人気を誇り、
いまや磯釣りの主役となっています。

フィールドに出てもメジナ釣り師が席巻しているといっても過言ではありません。

また、釣り雑誌やテレビ、釣り具メーカーのカタログなどを見ても、
磯釣りのジャンルはメジナ一色といえます。

つまり、ほかのどんな釣りよりもグレ釣りがダントツでおもしろいということです。

そんな羨望のターゲットを狙うには「ウキフカセ釣り」をマスターする必要があります。

この釣りは、コマセを海面に撒いてグレを誘い、
そのコマセの中にハリを刺した付けエサを流し込んで食わせるというスタイルです。

このように説明すると簡単な釣り方のように思われがちですが、
磯では潮流、風、天候、水温など様々な自然条件が複雑に絡み合っているので、
毎回同じようなパターンでは攻めきることができません。

様々な自然条件を自分自身で的確に把握し、季節に応じたグレの行動を推理し、
釣れるポイントを割り出さなければなりません。

これこそが、ウキフカセ釣りで釣果を上げるための腕の見せどころでもあります。

そして、自分なりに割り出した攻め方でウキが海面を割って消し込み、
渾身のファイトでグレを仕留めることができれば、
まさに孤高の磯釣り師になれるというわけです。

このように、腕の差で釣果が上がるのがグレのウキフカセ釣りであり、
これが磯釣りの主役であるゆえんなのです。

コマセを撒き、潮の流れを読み、その行方を目で追い、
季節や水温などを考慮してグレの居場所を推理する。

グレのウキフカセ釣りは、このような静かなシンキング・ゲームでもあります。

アタリがあってファイトするまでは、この推理がおもしろいところであり、
腕の見せどころでもあります。

海中の状況を的確に読み、自分の割り出した仕掛けでアプローチして
見事にヒットすれば、至福のときを迎えることができます。

ゲーム性の高いグレのフカセ釣り

ウキフカセ釣りの基本は、コマセでグレを誘惑し、
できるだけ海面近くに浮かせて釣ることです。

そのため、コマセの流れる状態を把握することが不可欠です。

そして、潮流や風の強弱を計算し、ラインを巧みに操作してウキを流し、
付けエサをコマセの中へ潜り込ませます。

次の瞬間、一気にウキが海面下へと消し込まれます。

竿が絞り込まれ、手元にパワフルな引き込みの手応えが伝わると同時に、
グレはグイグイと力強く抵抗を繰り返し、逃れようと加速をつけ、
より深く潜ろうとします。

その都度、ロッドを反発力が活かせる角度へ切り返し、フットワークを利かせて
自分が有利なスタンスへと素早く移動しなくてはなりません。

続いて、グレの潜行する方向を見ながらリールを巻いて、
じっくりと浮かせにかかります。

ここで油断するとラインを切られることもよくあります。

グレは口に貫通したハリを外そうと必死にもがき、
海底のシモリや岩の溝などの障害物へと突進します。

このときにハリスが岩肌などに擦れて切られるのです。

大型の場合は、一回の潜行でハリスを切られることも珍しくありません。

このパワーをいなすためには、リールのレバーブレーキを上手に使い、
ラインをいったん出してロッドを立て直さなければなりません。

そのアクションは、瞬時に行なわなければなりません。

そして再び、グレとやりとりを繰り返し、グレのパワーを消耗させてから
玉網を出してフィニッシュを決めます。

こうした緊張感たっぷりファイトが、ウキフカセ釣りのクライマックスです。

相手が大きければ大きいほどおもしろさは増しますが、その分、
手中にするのは難しくなるのはいうまでもありません。

ファイト中にラインを切られたからといってハリスを太くすると、
付けエサを口にしなくなってしまいます。

付けエサが海中で不自然な動きをするのか、あるいはグレが
付けエサの危険性を見抜いているのか定かではありませんが、
食いが悪くなるのは確かです。

逆にラインを細くすれば、また食ってきます。

釣り人自身に取り込む力量があれば、食いがいい細いハリスが使えますが、
自信がなければ太いハリスを使うしかありません。

相手のパワーが勝っている場合は、痛い目に遭うこともあります。

だからこそ、グレのウキフカセ釣りはゲーム性が高く、
いったんハマると病みつきになってしまうのです。

ウキの動きで状況を読む

ウキは、単にアタリをキャッチするだけのものではなく、
潮の速度や方向、付けエサの深度など海中の状況を割り出す
重要なアンテナの役目も果たしてくれます。

つまり、ウキはウキフカセ釣りの要といえます。

大型とファイトする楽しさ

60cm級ともなると、取り込みには相当なテクニックが必要です。

ラインを切られるのは覚悟のうえで挑まなければなりません。

ちなみに、磯釣りで仕留められた最大の記録は、尾長メジナの74.6cm。

日本記録は船で釣れた83.3cmです(2011年現在)。

フィールドの違いとおもしろさ

同じグレを狙うにしても、フィールドによっておもしろさは異なります。

遠征して、激流が渦巻く「離島」というダイナミックな荒磯で
記録物を狙うのもいいでしょう。

その場合は、当然、タックルや仕掛けもヘビーなものでアタックする必要があります

もっとも、離島などへはそう簡単には行けないので、
グレ師のほとんどは身近な磯で奮闘しています。

近場は人が多くて釣りづらいのが現状ですが、それだけに自分の力量で釣果が決まる、 やりがいのある釣り場といっていいでしょう。

口太と尾長

ターゲットになるグレ・メジナには「口太メジナ」と「尾長メジナ」の2種類があり、

もっともポピュラーで棲息範囲が広いのが口太メジナです。

その口太メジナより高い水温を好むのが尾長メジナです。

以前は太平洋側に多く見られましたが、現在は地球温暖化の影響なのか
日本海側まで棲息域が広がっています。

数は少ないものの、青森でも尾長メジナの良型が釣れます。

いずれにせよ、低水温期以外であれば、この2種類のグレ・メジナが混在して
釣れる釣り場がたくさんあります。

どちらも甲乙つけがたいターゲットですが、スピードとパワーの点では
尾長メジナが上回ります。

釣り仲間に「大物」だと胸を張れるサイズは、
口太メジナなら50cm、尾長メジナなら60cmオーバーが目安です。

ただし、口太メジナは近場でも大物の可能性がありますが、
尾長メジナの場合はフィールドが限られてしまいます。

東は伊豆諸島、南は南九州各地域や離島、四国の南西部などです。

こうしたことから、誰でも身近で楽しめて、なおかつ大物も狙うとなると、
やはり口太メジナということになります。

ただ、身近な釣り場といっても、そう簡単に釣れるものではありません。

なぜなら、身近であるため、毎日のようにコマセが撒かれ、
メジナたちは飽食状態になっているためです。

さらに、グレ釣りのファンが多いため、ハリの危険性を学習しているのか、
迷うことなくコマセに浮いてくるウブなグレはごくわずかです。

中型(30cmクラス)までなら、秋からの適水温の海なら比較的釣りやすいものの、
百戦錬磨の大物はコマセに誘われて海面下に浮いてくることは非常に稀です。

こうした現状がグレのウキフカセ釣りのゲーム性を高め、
釣るためのテクニックや先鋭なタックルの開発に拍車をかけているのです。

釣りにくいスレたグレをいかにゲットするか
これが現代のウキフカセ釣りの最大のテーマなのです。

グレ・メジナ釣りの楽しみ方

口太メジナと尾長メジナはどちらも大きければ大きいほどスリリングで
パワフルなので、甲乙つけがたいおもしろさがあります。

と同時に、まったく違った楽しみ方もあります。

それは、決められた時間内でルールに従って釣果を競い合う
トーナメント(釣り大会)です。

たとえば、25cm以上をキーパーサイズとして、その5尾の総重量で競い合う
といったものです。

トーナメントを主催しているのは、釣りクラブや連盟、釣り具メーカーなど様々です。

特に、大手釣り具メーカーが主催している大会は規模が大きく、
日本各地で地区大会を実施し、そこから勝ち上がってきた選手が全国決勝大会で
しのぎを削り、頂点に輝くというものです。

現在、全国に名を馳せているグレ釣り名人たちは、こうしたトーナメントで
チャンピオンになった人がたくさんいます。

ここまで昇りつめれば、各釣り具メーカーの「フィールドテスター」などの肩書を
拝命できることもあり、タックルの開発やPRなどでも活躍が期待されます。

腕に自信のある方はぜひチャレンジしてみて下さい。

もっとも、グレのウキフカセ釣りは、トーナメントのような
ハイレベルなジャンルを目指すだけではなく、
「のんびりと自分だけの時間を楽しみたい」という、
釣り本来の気持ちを満たしてくれることも忘れてはなりません。

たとえば、渡船を使わない地磯に目を向ければ、また違った気持ちで
グレ釣りを楽しむことができます。

気負わずに竿が出せるので、ビギナーが気軽に楽しむにはもってこいの
フィールドといえます。

腕を競うトーナメントの魅力

ルールに従って決められた時間内で釣果を競うトーナメントは
全国各地で盛んに行なわれており、メジナ釣りの違った楽しみ方が味わえます。

うれしい外道たち

ウキフカセ釣りでは、グレだけではなくマダイやイサギ(イサキ)、
カツオといった、うれしい外道も釣れます。

状況によっては、これらを専門に狙うことも可能です。

身近な地磯でグレ釣りを楽しむ

グレが狙える磯といえば、渡船を利用して渡る沖磯のイメージが強いですが、
実際は歩いて行ける地磯でも十分に楽しむことができます。

たとえば、神奈川県三浦半島の城ケ島は、車を止めて10分ほどで
竿を出せる人気ポイントとなっています。

地磯の一番の魅力は、釣りをのんびりと楽しめるところにあります。

大型を釣るのは少々難しいものの、40cmクラスまでなら有望です。

ただし、地磯は沖磯よりも危険度が高く、行動は自分自身の判断に委ねられます。

荒天や荒波の日は、絶対に竿を出さないよう肝に銘じておきましょう。

グレ・メジナの生息ポイント

グレは、幼魚の手のひらクラスなら各地の潮の通る堤防でも釣れますが、
磯釣りの対象となる30cmクラスは外洋の潮の影響を受ける岩礁に多く潜んでいます。

かつては、尾長メジナは口太メジナに比べると南方系で高水温を好むとされていました。

しかし、現在は40cmクラスの尾長メジナであれば太平洋沿岸で口太メジナと 混在しています。

ただ、水温によってそれぞれの活性が変わってくるので、その行動は季節によって
異なります。

60cmクラスの大物は、潮の濃い南方の磯に多く見られます。

メジナは、口太であれ、尾長であれ、どちらも身を隠せる海底にあるシモリの
岩陰や溝、海藻まわりを好んで潜んでいます。

こうした場所を棲みかにして、自然に生きる小動物や海藻を捕食して棲息しています。

しかし、尾長メジナは回遊性も強いので、潮流によってエサが集まる潮目などの潮流が
やや停滞する海面下に定位していることも多くあります。

グレを攻めるうえでは、こうした居場所を見抜くことも重要なテクニックといえます。

これがわからなければ、どこにコマセを打って仕掛けを流せばいいのか判断できません。

そのため、磯に立ったら真っ先に、どこにグレが潜んでいるのかを推察することから
すべてがスタートします。

その際、見落としがちな棲息場所としては、竿を出している足元の磯ぎわがあります。

ここで大物がヒットすると一気に足元にへばりつくように潜るので、
ラインブレイクが多くなることは覚悟しておきましょう。

グレが潜んでいるポイント

グレは、岩陰や溝を棲みかにして棲息しています。

こうした場所から水温や潮流の状況によって泳ぎ回ります。

この海面下にはコマセが漂い沈下してくれば、コマセに向かって浮上するわけです。

そのため、こうした居場所を釣り人は自分なりに推理して、
仕掛けを流し込むのが攻め方の基本です。

口太メジナと尾長メジナの棲息場所

基本的に口太メジナも尾長メジナもシモリの岩陰や溝になった
海底の起伏があるところを好みます。

これらが潜んでいるポイントに潮が流れ、コマセが届けば、釣れる確率が高まります。

だからこそ、磯に立って潮の流れを読んで仕掛けを流し込むことが不可欠となるわけです。

潮流が速くてコマセが沖に流れるようなときは、
そのコマセが停滞する潮目や潮筋などを狙うと有効なケースもあります。