グレ釣りポイントと攻略法


グレ・メジナ釣りのポイント

グレ・メジナ釣りの主なフィールド

グレ・メジナは地形や汐の流れの変化のある場所を好み、

同じウキ釣りのターゲットであるクロダイが真水の流れ込む海域を好むのに対し、

やや外洋よりの塩分濃度の高い海域を好む傾向にあります。

グレ・メジナ釣りの主なフィールドは、堤防周りです。

ある程度の潮の流れがあり、海底にグレが身を隠せる場所があれば、

たいていの場所でグレが釣れると思ってよいでしょう。

グレが身を隠せる場所は、海藻帯や沈み根や、堤防周りのテトラ帯やケーソン、

足元の捨て石周りなど、障害物に沿って移動できる場所です。

大岩が転がるゴロタ浜などは海岸全域がグレの住処といえます。

また、海底の地形の変化のある場所もグレが好んでつくので、

海底が急に落ち込んだカケアガリや、溝のように窪んだ、いわゆる「みお筋」

と呼ばれる船の通り道なども絶好のポイントです。

波の高さや、潮位、季節や時間帯など、地回りで大型を狙おうと思ったら、

かなりの条件が揃っていないと難しいところがあります。

高確率で大型を仕留めるためには、やはり渡船で渡る、四方を海に囲まれた、

潮通しのよい沖磯に勝るポイントはないと思われます。

狙うべきグレ釣りポイント

潮目を見つけることが大切

グレは潮の流れに大変敏感な魚ですが、コマセでグレを寄せる場合、

コマセが潮に流されて滞留するポイントを計算することが大切になってきます。

そのため、潮と潮がぶつかる境目や、流れに変化のある場所を見逃さないようにしましょう。

また、潮の流れが止まってしまうと、コマセがうまく流れないだけではなく、

グレの活性そのものが低くなるので注意してください。

産卵時期は浅場を狙う

乗っこみと呼ばれる産卵時期には、グレは比較的波の穏やかな浅場にやってきます。

活性も高く、産卵を控えたグレは荒食いを見せます。

大型のグレを狙いたいのなら、乗っこみははずせないシーズンです。

この場合、磯際やサラシの中にいる可能性が高いので、

ポイントを選定する際は白い波の泡立ちや岩場の割れ目を狙ってみるといいでしょう。

グレ・メジナの位置を探り出す

サラシの中を狙う

グレ釣りでは、潮目が狙い目と言われていますが、

そこだけがポイントではありません。

フィールドの状況により、サラシの中に身を潜めていることもあります。

サラシは風の強い日に波を立たせてできる泡ですが、

表面が白く泡立っているだけで水中まで白いわけではありません。

コマセを打っても、グレは水中で見えるはずです。

ですが、ラシを攻めるとウキが流されやすく、

狙ったポイントから仕掛けがずれてしまうので注意が必要です。

ラインコントロールをしてもどんどん流されてしまうので、

サラシ攻めをする際は、あらかじめオモリを仕掛けにつけておくといいでしょう。

磯際を狙う

見えているにも関わらず、キャストしてもなかなか食ってくれないのが、

磯際のグレです。

コマセを打てば、それなりに反応しますが、サシエを投げても

無視されてしまうことが多いようです。

コマセを少しずつ打ってやることでアタリが来ることがあります。

粘り強く狙ってみましょう。

タグ

最新情報