グレ釣り実釣テクニック


グレ・メジナを誘う方法

キャストした瞬間にアタリが来ることも

コマセをあらかじめ作っておいて、潮の流れと狙うべきタナを計算します。

そしてポイントが決まったらまず、コマセを撒き、コマセが流れていく潮の中に

キャストして仕掛けを同調させます。

ポイントの読みが当たっていた場合は、キャストして仕掛けが着水した瞬間に

アタリが来ても不思議はありませんので、

いつでもアワセられるように体勢を整えておいてください。

また、ウキでアタリを見極めるため、ラインを少し張って、

ウキを引き戻すとアタリがわかりやすい状態になります。

そうすれば水中でサシエに水圧が加わり、コマセとより同調してくれます。

こうしたラインコントロールは、仕掛けをポイントに誘導するために

必要不可欠なテクニックです。

何もしないで放置しておくと、潮に流されてポイントから仕掛けがずれてしまうので

ご注意下さい。

このように水中でのサシエの動きを頭の中で描き、グレを誘い込むことで

グレが食いついてくれるでしょう。

グレ釣りのアワセとやり取り

ラインコントロールをしながら、ファイトを楽しむ

ウキにアタリが現れてからが、グレとのファイティングの始まりです。

ここが最もグレ釣りでスリルを楽しめ、また難しいところでもあります。

ウキが水中にグーッと沈み込み、はっきりとしたアタリが取れてから、

ロッドを立ててアワセてハリかかりをさせます。

リールを巻いてアワセようとする方もいますが、グレの引きは強烈ですので、

それでは間に合わないはずです。

アワセがうまくいかないときはロッドの向きを調節して方向を変更してみたり、

タイミングを少しずらしてみるといいでしょう。

それからロッドを後ろにそらすように立てて、グレをできるだけ手前に引き寄せます。

その際、強引にそらし続けると、ラインブレイクの恐れがありますので、

ロッドの弾力を十分に活用してパワーを分散させてください。

基本的はロッドを後ろに立て、弾力でグレの力をそいで、

を繰り返してフィニッシュに向かいます。

グレ釣りの取り込みのコツ

あせると台無し。冷静になろう

フィニッシュに向かい、グレとのやりとりが佳境に入ると、

波間にグレが顔を出すはずです。

ここまでくれば、後もう少しです。

初心者はグレの姿が見えると、あせって取り込もうとしがちですが、

ロッドに負荷をかけ過ぎて抜き上げるとロッドに亀裂が入ったり、

あるいは魚の重みでラインが切れてしまいます。

取り込みのコツとしては、左右のどちらかに決めてグレを上げ、

すかさず網ですくうことです。

まっすぐに上げると、ロッドへの負荷が非常に高くなります。

グレはなかなか体力のある魚ですから、やり取りは数度に及びます。

あせるとハリを切って逃げられてしまいますので、

冷静にやり取りを楽しむくらいの気持ちで望んでください。

また、網で魚をすくおうとするとバランスが崩れるので、

グレの頭の方から網に誘導して落とすように気をつけて下さい。

グレ釣りのエサ取り対策

コマセをすると避けられないエサ取り

オキアミと配合エサを混ぜ合わせ、コマセを撒いてグレを寄せようとすると、

30分も経てばエサ取りがやってきて、せっかくコマセにうまくサシエを同調させても、

サシエが持たなくなってしまいます。

サシエがエサ取りに取られてしまうと、本命のグレを釣り上げるチャンスが

減ってしまいますので、エサ取りを遠ざける努力が必要です。

グレ釣りのアングラーにとって、エサ取りに悩まされるのは宿命のようなものですが、

コマセを別の場所に打ってエサ取りを分散させたり、仕掛けをあえてコマセの外側に

投げてみたりと、様々な工夫を凝らします。

あまりにエサ取りの攻勢がひどい場合は、オキアミによるコマセをあきらめて、

ノリを使用するといいでしょう。

肉食性のエサ取りであれば、ノリに対して反応は薄いはずです。

ノリベースのコマセも販売されていますので、状況に合わせて使用してみてください。

グレ・メジナが釣れないときの対処法

水温の変化に気を配る

グレは潮の流れだけではなく、水温にもとても敏感です。

15度~22度が適温と言われていますが、実際には前日との気温差が大きいと、

適温範囲でも食い渋る場合があります。

この場合、じっくりグレを浮かせてから釣り上げる方法が有効ですので、

コマセはオキアミを細かく挽き、浅いタナに寄せるようにするといいでしょう。

ただ、水温が15度以下であれば、その日の釣りはかなり厳しいものになると

覚悟をしてください。

水温が低くて食い渋るときは、タナを広く探り、アタリの来るタナを見つけて

集中的に狙うのも効果的です。

使用しているタックルが適切かチェックする

タックルが狙うターゲットに適切でなければ、アタリが来てもうまく

釣り上げることはできません。

あるいは、アワセの段階で逃げられてしまいます。

確実にグレを釣るためには、使用しているタックルが獲物の大きさや

パワーにあっているものが必要です。

タグ

最新情報