グレ・メジナ釣り用語解説


【グレ釣り用語】エサ取りとは

エサ取り

本命としている魚がエサを食べる前に上手く刺しエサをかっさらってしまう外道

(目的外の魚)のこと。

フグや、カワハギ、ハオコゼ、ベラ、スズメダイなどが代表。

暖かい時期はエサに群らがるため、エサ取り対策に苦慮する。

エサ取りのような小魚のことをジャミといい、

エサ取りとコツコツしたアタリをジャミアタリと呼ぶ。

【グレ釣り用語】ウキ下とは

ウキ下

ウキ釣りをする際にタナ(魚がいる深さ)を探ることが必要だがそれの元となる

ウキから下の針がついている仕掛けの長さを指す。

例えばウキから下の針までが2ヒロであれば

「ウキ下は2ヒロで釣れた」などと言う。

タグ

最新情報