グレ釣り道具・装備


グレ釣り・メジナ釣りのロッド

強い引きに耐えられるロッドが必要

グレはエサを食った途端に、鋭くて激しい引きを見せ、住処である海底や磯際に

泳ぎ出します。

そのため、胴がしっかりとしていないロッドでは根に入られてしまい、

バラシの確率が高くなってしまいます。

根に入られるのを避けるためには、先調子気味のロッドを選ぶと操作性が良く、

ロッドの張りをうまく使いながら、グレの引きを受け流して釣り上げていけます。

竿先の感度が高ければ高いほど、グレの動きをコントロールしやすいので、

ロッドを選ぶ際には軽くて感度の良さそうなものを購入してください。

なお、「尾長」の場合は、潮の流れが激しい場所で釣ることが多いので、

一概に先調子のロッドがいいとは言えません。

この場合は、逆に胴調子のものの方が扱いやすいでしょう。

ご自身が行くフィールドのシチュエーションに合わせて、

最適なロッドを選んでみてください。

グレ釣り・メジナ釣りのリール

レバーブレーキ式が最適

グレ釣りでは一般的に、スピニングリールを使用します。

現在はレバーブレーキ式が好まれております。

グレ釣り・メジナ釣りのリール

理由は、グレはエサにかかった瞬間から海底に走るので、

一瞬でラインを出し入れできなければ、動きに対応できないからです。

強い急な引きに耐えるためには、ラインを緩めて少し走らせてから糸を止め、

ラインブレイクを起こさないようにグレの動きを制限してやる必要があります。

釣り初心者にとって、レバーブレーキ式のリールは若干扱いが難しいですが、

強烈な引きをかわすためには、ぜひ慣れておきたいアイテムです。

レバーブレーキ式に慣れると、グレとのやり取りが楽しくなってくるはずです。

リールの長さは、潮の流れが穏やかな場所では150メートルくらい巻けるもの、

急流で釣るのであれば、200メートル以上巻けるものを目安に選んでください。

グレ釣り・メジナ釣りのタックルの基本

ウキフカセ釣りでグレを釣る

グレ釣りではウキフカセ釣りが主流であり、円錐ウキを使用します。

グレ釣り・メジナ釣りのタックルの基本

通常は1本バリ半遊動、全遊動仕掛けを使用します。

タックルについては狙いが「口太」「尾長」で変わります

「口太」の場合

「口太」の場合はやや穏やかな流れのある場所で釣るので、

ロッドは先調子で操作性の良いもの、ラインはナイロンで1.8~2.5号くらいまでです。

ハリスはそれに合わせて1.7~2.5号程度になります。

ハリはグレ専用のグレ針を使用し、5~7号がいいでしょう。

「尾長」の場合

「尾長」の場合、激しい潮の流れの中で釣るため、流れに耐えられるパワーのあるロッドで

胴調子のものがベターです。

非常に引きが強いので、ラインは2.5号以上の太めのものを選びます。

ハリスもラインに合わせたサイズにしてください。

尾長は口の中に鋭い歯があるため、ハリを飲み込むと切られてしまいます。

そのため、飲み込まれにくい形のものを使用してください。

タグ

最新情報