グレ釣りの仕掛け


グレ釣り・メジナ釣りの仕掛け

グレ釣りの2種類の仕掛け

グレ釣りのタックルは「竿」「リール」「糸」「ウキ」「ハリ」「オモリ」と、

使用するパーツは多いものの、基本的にはシンプルな構造といえます。

仕掛けはウキのセット方法により次の2種類があります。

どちらの仕掛けにも特性があり、どちらが優れているというものではありません。

まずはいずれかの仕掛けを選び、徹底的に慣れるのがいいでしょう。

1.中通しウキ仕掛け

ボディの中央に設けられた穴に設けられた穴に道糸を通して使用する

タイプのウキを「中通しウキ」といい、絡みなどのトラブルが少なく、

波やうねりに強い、という特性があります。

2.カン付きウキ仕掛け

カン付きウキはボディに金属製の猿管が取り付けられており、

スナップ型のジョイントを介して道糸にセットします。

ワンタッチでウキを交換でき、ウキの形状を自由に選べる利便性があります。

グレ釣りの仕掛けの流し方

仕掛け投入後は道糸を送ってウキ下を確保!

投入後はなるべく速くグレ・メジナがコマセを拾っているタナで付けエサを

馴染ませる必要があります。

仕掛けを投入したら、遊動部分を落として、しっかりウキ下を確保します。

遊動仕掛けは、投入後に道糸を張っていたり、風に煽られて

引っぱられた状態だと機能せず、いつまでたっても仕掛けは馴染みません。

仕掛けを投入したら、道糸を送って狙ったウキ下が取れるように

コントロールする必要があります。

一度流れに馴染んでしまえば、仕掛けは水圧を受けて安定するので、

なるべく速やかにこの状態に持っていくことが大切です。

仕掛けが馴染んだら潮なりに流しますが、道糸は常に風を受けているため、

どうしても風下方向へ膨らんでしまい、仕掛けが潮筋から外れてしまいます。

これを防ぐテクニックが「ラインメンディング」といわれるもので、

「メンディング」とは「修正する」という意味で、文字通り、

風下へラインをこまめに打ち返して、道糸の位置を修正するワザです。

タグ

最新情報