グレ釣りのエサ


グレ釣りのエサの付け方

コマセはオキアミが一般的

コマセはグレを寄せるためのエサですが、オキアミを使用するのが一般的です。

そしてグレ釣りで寄せて釣るには、コマセで寄せてからサシエをコマセの中に紛れ込ませて、

グレに食わせます。

サシエの付け方を乱雑にすると、大変警戒心の強い、臆病な魚ですから

コマセだけ食べて逃げてしまう可能性もあります。

サシエについても、コマセと同じオキアミを使い、小さめのハリを使用し、

オキアミも頭をとって小さく刺します。

グレ釣りのエサの付け方

尾から刺しても、頭から刺しても大丈夫です。

ただ、ハリ先がサシエから出てしまうと食いませんので、気をつけて下さい。

食いつきが悪いときは、オキアミの殻をむくと、効果があるようです。

ノリも大好き?

グレは雑食性で、オキアミなどのエビ類だけではなく、海藻類も食べます。

そのため、ノリをつけて釣るのも有効です。

ノリをつけて釣る場合は、ノリがあまり大きくならないよう、

そしてハリ先が目立たないように丸めて縫うようにつけましょう。

グレ釣りのコマセの作り方

軽くて広がるコマセを作る

コマセは潮の流れに乗せて、狙うタナにグレを寄せる役割があります。

ベースとなるのはオキアミですが、水中に沈む速度を調節するために

パン粉系の軽いエサや、粘りの強い重い配合エサを、狙いに合わせて混ぜて作ります。

グレ釣りのコマセの作り方

温度が高いときには、浅めのタナを狙い、低い場合には深いタナを狙うのがセオリーです。

潮の流れの強い場所で使用する場合は、せっかくのコマセも流されてしまい、

うまく効かなくなります。

また、エサ取りが多いときも減りが早くなるので十分な量を用意しておくといいでしょう。

基本的にはオキアミを3分の1程度細かくすりつぶし、

配合エサと残りのオキアミを加えて混ぜ合わせます。

グレの活性が高いときはオキアミだけを使用しても、うまく寄せられることもあります。

また、ノリをベースにしたコマセも状況によっては有利です。

利用するフィールドで好まれているエサを調べてみると、最適なコマセがわかるはずです。

タグ

最新情報