狙うべきグレ釣りポイント

潮目を見つけることが大切

グレは潮の流れに大変敏感な魚ですが、コマセでグレを寄せる場合、

コマセが潮に流されて滞留するポイントを計算することが大切になってきます。

そのため、潮と潮がぶつかる境目や、流れに変化のある場所を見逃さないようにしましょう。

また、潮の流れが止まってしまうと、コマセがうまく流れないだけではなく、

グレの活性そのものが低くなるので注意してください。

産卵時期は浅場を狙う

乗っこみと呼ばれる産卵時期には、グレは比較的波の穏やかな浅場にやってきます。

活性も高く、産卵を控えたグレは荒食いを見せます。

大型のグレを狙いたいのなら、乗っこみははずせないシーズンです。

この場合、磯際やサラシの中にいる可能性が高いので、

ポイントを選定する際は白い波の泡立ちや岩場の割れ目を狙ってみるといいでしょう。

タグ

最新情報