グレ・メジナ釣りのポイント

グレ・メジナ釣りの主なフィールド

グレ・メジナは地形や汐の流れの変化のある場所を好み、

同じウキ釣りのターゲットであるクロダイが真水の流れ込む海域を好むのに対し、

やや外洋よりの塩分濃度の高い海域を好む傾向にあります。

グレ・メジナ釣りの主なフィールドは、堤防周りです。

ある程度の潮の流れがあり、海底にグレが身を隠せる場所があれば、

たいていの場所でグレが釣れると思ってよいでしょう。

グレが身を隠せる場所は、海藻帯や沈み根や、堤防周りのテトラ帯やケーソン、

足元の捨て石周りなど、障害物に沿って移動できる場所です。

大岩が転がるゴロタ浜などは海岸全域がグレの住処といえます。

また、海底の地形の変化のある場所もグレが好んでつくので、

海底が急に落ち込んだカケアガリや、溝のように窪んだ、いわゆる「みお筋」

と呼ばれる船の通り道なども絶好のポイントです。

波の高さや、潮位、季節や時間帯など、地回りで大型を狙おうと思ったら、

かなりの条件が揃っていないと難しいところがあります。

高確率で大型を仕留めるためには、やはり渡船で渡る、四方を海に囲まれた、

潮通しのよい沖磯に勝るポイントはないと思われます。

タグ

最新情報