グレ釣りのアワセとやり取り

ラインコントロールをしながら、ファイトを楽しむ

ウキにアタリが現れてからが、グレとのファイティングの始まりです。

ここが最もグレ釣りでスリルを楽しめ、また難しいところでもあります。

ウキが水中にグーッと沈み込み、はっきりとしたアタリが取れてから、

ロッドを立ててアワセてハリかかりをさせます。

リールを巻いてアワセようとする方もいますが、グレの引きは強烈ですので、

それでは間に合わないはずです。

アワセがうまくいかないときはロッドの向きを調節して方向を変更してみたり、

タイミングを少しずらしてみるといいでしょう。

それからロッドを後ろにそらすように立てて、グレをできるだけ手前に引き寄せます。

その際、強引にそらし続けると、ラインブレイクの恐れがありますので、

ロッドの弾力を十分に活用してパワーを分散させてください。

基本的はロッドを後ろに立て、弾力でグレの力をそいで、

を繰り返してフィニッシュに向かいます。

タグ

最新情報