グレ


グレ釣り動画でアワセのタイミングを学ぶ!

グレ釣り動画でアワセのタイミングを学ぶ!

グレ釣りにかかわらず、どんな釣りでもそうなのですが、
アワセのタイミングはとても重要です。

せっかくアタリを引いたのにアワセのタイミングが悪いとバラしてしまいます。

魚によって遅アワセをしたり早アワセしたりと使い分けなければなりません。

グレは遅アワセで釣り上げます。

グレという魚は警戒心が強いので、なかなか仕掛けに食いついてくれません。

仕掛けにしっかりと食い付く前にアワセてしまうとバラす可能性大です。

ウキがぐぐっと沈み込むのを待ち、沈み込んだところでアワセます。

言葉にすると簡単そうですが、アワセというのはテクニックがいるのです。

アワセのテクニックを身につけるなら、

グレ釣り動画・メジナ釣り動画講座

というグレ釣り動画を見てみましょう。

グレ釣り名人はどのタイミングでアワセているのかがよくわかります。

アワセって意外と学ぶ機会がないですよね。

でもこの必釣法なら動画でアワセを見ることができますので、
覚えるまで何度でも繰り返し見ることができます。

アワセのタイミングをしっかり覚えてバラしを回避しましょう!

グレ釣り動画でグレ爆釣!

グレ釣りはよく釣り初心者には難しいというイメージがあり、
敬遠してしまっているアングラーもいらっしゃるかと思います。

確かに一般的なグレ釣りテクニックを見てみると、
ちょっと初心者には敷居が高い感じがします。

でもグレ釣りを始めてみたい初心者のアングラーはたくさんいることでしょう。

そこでオススメしたいのは、

グレ釣り・メジナ釣り動画DVD講座

というグレ釣り動画です。

初心者に敬遠されがちなグレ釣りを、名人がわかりやすく教えてくれます。

ベテランにならないと使えないようなテクニックではなく、
初心者でも簡単に実行できるテクニックを教えてくれます。

テクニックはいたってシンプルですが、効果的なグレ釣りテクニックばかりです。

初心者だけではなく、釣果が上がらないと悩んでいる
中級者にも是非見てもらいたいグレ釣り動画です。

グレ動画を見て覚えて実践で使うだけでそのテクニックの有効性が実感できます。

グレ釣り “無料動画” はコチラから

お名前(性):

例:山田


メールアドレス:

例:yamada@mail-adress.com


登録後、メール講座という形で、グレ釣り爆釣のための秘密を、動画付きでお届けしますので、どうぞご期待下さい!!

グレ釣りDVD通信講座

DVDおすすめ情報

ナビゲーション

『グレ(メジナ)の大物を釣り上げたい』
『グレ釣り名人の技を学びたい』
『短期間にグレ釣りテクニックをマスターしたい』

そんなグレ釣り・メジナ釣りのお悩みを抱えているあなたへ!

当DVD講座は、グレ釣り歴40年以上、グレ釣り界の第一人者にして、
現在も各社テスターをつとめる藤原義雄名人が、
これまでの豊富な経験や知恵をもとに、初心者でもグレ釣りがマスター
できるようにと作成した、グレ釣り・メジナ釣りノウハウの集大成です。


グレ釣り師の間では、その名を知らぬ人はいない、藤原義雄名人の
グレ釣り界最高峰のテクニックを学んで下さい!

【グレ釣り用語】エサ取りとは

エサ取り

本命としている魚がエサを食べる前に上手く刺しエサをかっさらってしまう外道

(目的外の魚)のこと。

フグや、カワハギ、ハオコゼ、ベラ、スズメダイなどが代表。

暖かい時期はエサに群らがるため、エサ取り対策に苦慮する。

エサ取りのような小魚のことをジャミといい、

エサ取りとコツコツしたアタリをジャミアタリと呼ぶ。

【グレ釣り用語】ウキ下とは

ウキ下

ウキ釣りをする際にタナ(魚がいる深さ)を探ることが必要だがそれの元となる

ウキから下の針がついている仕掛けの長さを指す。

例えばウキから下の針までが2ヒロであれば

「ウキ下は2ヒロで釣れた」などと言う。

グレ釣りのシーズンはいつか?

【グレ釣りに関する質問】

グレ釣りのシーズンはいつですか?

【グレ釣りに関する回答】

ほぼ1年釣れるがベストシーズンは10月後半から3月まで。

シーズン始めは35cmまでの数釣りが楽しめる。

産卵に入ると食いが止まるので、大型狙いなら産卵前の2月と3月。

口太グレは4月、5月は釣れなくなるが、産卵時期の早い尾長グレは釣れる。

梅雨の時期にもよく釣れるので入門するにはもってこい。

タナが浅いので釣りやすい。

マキエはどのようなものを用意したらいいの?

【グレ釣りに関する質問】

マキエはどのようなものを用意したらいいのですか?

【グレ釣りに関する回答】

基本はオキアミを使う。

また、配合エサは季節によって変える。

集魚材はのりグレが効果がある。

遠投を重視するならグレパワー遠投を混ぜる。

釣り場、シーズンごとの配合を頭に入れていると、それなりの対応ができる。

寒の時期はオキアミ6kg、

これに集魚材3袋。

秋磯ではオキアミ12kgは必要。

エサ取り次第で増やす必要がある。

グレを浮かすためにマキエを多く撒くこともある。

グレ釣りのマキエの撒き方は?

【グレ釣りに関する質問】

グレ釣りマキエの撒き方を教えて下さい。

【グレ釣りに関する回答】

エサ取りが多い時には足元に撒くのが基本。

次に、竿一本先にも撒いてみる。

底でグレがどんな動きをしているか見極める。

エサ取りの多い場所では木っ葉(こっぱ)グレしかいない。

手前にエサ取り用のマキエを打ってから仕掛けを沖に投げる。

そしてその仕掛けの手前にマキエを打ち、仕掛けをマキエの位置まで持ってくる。

これが分離作戦。

サラシの中で釣る時は止めて釣るのが基本。

エサが残るようなら止めずに流していく。

状況に応じてガン玉を打つことも。

エサ取りが多い時は一点集中のマキエを。

磯の中ではグレがエサを食うのが早い。

グレ・メジナを誘う方法

キャストした瞬間にアタリが来ることも

コマセをあらかじめ作っておいて、潮の流れと狙うべきタナを計算します。

そしてポイントが決まったらまず、コマセを撒き、コマセが流れていく潮の中に

キャストして仕掛けを同調させます。

ポイントの読みが当たっていた場合は、キャストして仕掛けが着水した瞬間に

アタリが来ても不思議はありませんので、

いつでもアワセられるように体勢を整えておいてください。

また、ウキでアタリを見極めるため、ラインを少し張って、

ウキを引き戻すとアタリがわかりやすい状態になります。

そうすれば水中でサシエに水圧が加わり、コマセとより同調してくれます。

こうしたラインコントロールは、仕掛けをポイントに誘導するために

必要不可欠なテクニックです。

何もしないで放置しておくと、潮に流されてポイントから仕掛けがずれてしまうので

ご注意下さい。

このように水中でのサシエの動きを頭の中で描き、グレを誘い込むことで

グレが食いついてくれるでしょう。

タグ

最新情報